読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鹿児島県中社研

鹿児島県の中学校社会科教員による自主団体のブログです。

   夜明けの桜島

第4回ウィンターセミナーの案内

社会科担当者の皆様へ

 

4回中社研ウィンターセミナーのお知らせ

 

      鹿児島県中学校社会科教育研究会

                                               会長   永 山 修 一

 

 

 2013年に「授業実践に直接役立つ」事を目的に始まったウィンターセミナーが今年で第4回を迎える事となりました。今回は「主権者教育」「地域素材の教材化」を柱に2つの講座を設定しました。

激動する世界情勢の中、社会科教育に求められるものはこれまでにも増して大きなものがあると思われますが、その要求に十分に応えられる内容を準備したと考えております。

 お忙しい中ではありますが、ぜひ多くの方々にご参加いただきたいと考えております。

 

 

     期日  2017(平成29)年2月18日土曜日

     時間  午後1時半から4時半くらいまで(3時間程度)

     場所  鹿児島市中央公民館中会議室

     

講座の内容  

 

     講座1 「社会科における主権者教育とは!」(13:40~15:00)

      講師  渡邊 弘 (鹿児島大学教育センター准教授)

 

 渡邊さんは、元神奈川の私立高校教諭で、法教育を専門とされ、最近は主権者教育のありかたについても研究されています。選挙権年齢引き下げを契機に課題となっている主権者教育について学習を深める機会としたいと考えています。

 

     講座2 「地域の素材をどのように教材化してきたか」(15:15~16:35)

      講師   佐藤 貴紀 (出水市立出水中学校教諭)

 

 喜界島における「地域に根ざした社会科教育」の研究で注目された佐藤さんが出水という地で取り組んでいる実践について学び、「地域に生きる社会科教師」の実践のありかたについて模索する機会としたいと考えています。

 

備考

・報告と質疑あわせて80分ずつを予定しています。

・駐車場はありませんので会場周辺の駐車場をご利用ください。

・終了後に懇親会を予定していますのでぜひご参加下さい。